スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よければランキングに、ポチッとご協力を!→→→
line

クロマグ声優まとめ



クロマグ声優まとめ】

クロマグ世界の過去ストーリー追加されましたね。
アムベルばぁさんも若返っちゃってたりして、
ロリババァの分野に新しい風が吹き込まれたようです。

最近流行りのリゼロのヒロイン、エミリアに通ずるものがありますね。
年メッチャいってる……けど可愛い……うーん、、、みたいなジレンマ。




今夏辺りまでは、せっかくリリースされた結晶化とかも、風化しきっていました。
有って無いようなもの。

リアルも忙しくてなかなかウィズできませんでしたが、

どうやら今回追加のクロマグに、ドロップ精霊にATK300結晶とかもあるらしく、
約半年ぶりにウィズ熱が再燃しつつあります。



はい。クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ、廃課金プレーヤー・たちゅまるです。
(現在、すっかり無課金になってしまいましたが、もうこの掛け声は固定w)


あっ、ちなみにタイトル画像の並び替えは、声優繋がりの日記ってことで貼りました。
「ガキでも愛せるマツコ」で覚えてます。
語呂合わせ日記もいずれ更新したいな……






このブログの更新も久しぶり過ぎて、
htmlとか、写真の編集とか色々忘れちゃってます。


が、そんなこんなで離れてる間に、ウィズもお抱えの声優さんが、かなり膨大になってきました。

ネット検索でも“黒ウィズ声優まとめ一覧”とか、けっこうヒットするようになりました。

だが!しかし!

一覧表で名前見たって何も伝わらない!!!



ということで、ここは私が一肌脱がねば!ってことで、
1年ほど放置してた起用声優さんの紹介を再開したいと思います。

私見も交えながら(笑)




少しでも、声優に疎い人たちが、声優に馴染んでもらえたらなって思って。


せっかく大好きなウィズの話題でも、
声優なんて大して興味ないのに、一部が異常に盛り上がってたらつまらないですよね?
そんな人でも、声優さんは知らなくても、
過去出演作の、このキャラなら知ってる!
ってのはよくあります。

一つでも、マジか…この声もこの人だったのか…って楽しんでもらえると幸いです。







過去3回ほど声優出演作の紹介記事書いてるので、
よければそちらもどうぞ。

(※一部画像データが、データ破損かなんかでズレたりしてますが、面倒なので放置w)
(※出演作なんてドンドン増えてって当たり前ですが、キホン更新しません、放置wあくまで起用当時の経歴)


○第一弾→【声優キャスティングを見ていく】
ウィズ―田村ゆかり
オルネ―釘宮理恵
アナスタシア―茅原実里
ベルナデッタ―能登麻美子
ロレッタ―早見沙織
クォ―子安武人
ドゥーガ―藤原啓治
バロン―広田みのる
ルシェ―三瓶由布子

○第二段→【術士ナナ魔導杯&新スザクイベント】
キワム―寺島拓篤
スミオ―真堂圭
ヤチヨ―沖佳苗
トキオ―水島大宙
アッカ―後藤邑子

◯第三弾→【遂に声優コンテンツが動き出したウィズ】
《ギルマス追加》
ティア―村瀬歩
《スザクBOSS.etc》
タモン―真木駿一
トキモリ―高宮彩織
ヴィルゴ&タモン―弓原健史
サジェ&アサギ―七瀬彩夏
アトヤ―君嶋哲
ミュール―篠宮あすか
ヒミカ―織田亜希
コベニ―深川芹亜
《3500万DL》
リヴェータ―日笠陽子
ルドヴィカ―小林ゆう
アイ&アイ―伊藤かな恵
ソフィ―山崎はるか
リルム―大和田仁美
ソラナ―西明日香
ヒカリ―瀬戸麻沙美
イザヴェリ―森千晃
ヴィヴィ―吉村那奈美
《グリコ》
リコ―紗々
グリ―永塚拓馬
その―角元明日香




よければ上の↑過去記事の方も、今日のと合わせてご覧になってみてください。

ご覧になられた方の、ウィズの声優ワールドが少しでも、豊かなものになれば幸いです。






では、ようやく本題。

クロマグ起用声優さんたちの、過去出演作まとめ。

始めていきます。GO!

(ちなみにオレンジが、不肖たちゅまるが見たことある作品、黒字が見たことないけど有名作、代表作は大きめの字で書いてます。)










まずは、現代のクロマグシリーズから!


とりあえず、クロマグ主要初期メン6人!

イツキ/リンカ/アーシア/ニコラ
ヴォルフ/シャーリー










★優柔不断とはコイツのこと!クロマグきっての優男イツキ・マスグレイヴ

≪内山昂輝≫Uchiyama Ko-ki
通称、ウッチー

201609032152115e6.jpg

◎『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』―――織斑一夏(いちか。ただのハーレム主人公。まんまイツキ、そういえば名前も似てる…)
◎『遊☆戯☆王ZEXAL』―――天城カイト(弟想いのライバルデュエリスト。「狩らせてもらおう!貴様のナンバーズ!」
◎『絶園のテンペスト』―――滝川吉野(主人公)
◎『甘城ブリリアントパーク』―――可児江西也(ナルシスト主人公)
◎『ニセコイ』―――一条楽(ヤクザの一人息子という、恋愛ものにしては奇抜な肩書きの主人公。先日ジャンプ紙面で連載が終了しましたね、この作品。NARUTOしかりBLEACHしかり、時代の入れ替わりを感じます。)
◎『ハイキュー!!』―――月島蛍
◎『ばらかもん』―――木戸浩志(ヒロ、ヒロ兄)
◎『Charlotte』―――乙坂有宇(この作品大好きなんだけどなぁ……前評判で期待がデカ過ぎて、イマイチ人気爆発できなかったんだよねぇ……。自慢のユゥお兄ちゃんなのですぅ!「不完全な能力だ」「もうシスコンと呼ばれようがなんでもいい。歩未を二度と失いたくない」
◎『六花の勇者』―――ゴルドフ(精神的な噛ませ犬ポジ。だけど最強騎士。「アドレットは姫の何なのですか!?」つまりゴルドフ=兄イツキが、アドレット=弟アキラと、ナッシェタニア=リヴェータを取り合う構図ですね。)
◎『ワンパンマン』―――メルザルガルド(ネタバレになったらゴメン。“玉”握りつぶされたりブった切られて死ぬ怪人)
◎アニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』―――坂上拓実、玉子
◎『機動戦士ガンダムUC RE:0096』―――バナージ・リンクス(主人公)
◎『虹色デイズ』―――直江剛
◎『バッテリー』―――原田巧(ピッチャー、主人公)
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――イツキ

まとめ:編集しながら気づいたけど、なんだこの異様な主人公数……アイドル売りして波に乗ってる女性声優でもこんなに行かないよ……。中の人が自分とスゴく歳近くて勝手に親近感、でも3歳から働いてるらしくて激しく疎遠感。
ここ数年でバカ売れして人気も出つつ、ワンパンマンに代表されるような悪役演技にも磨きがかかってきた売れっ子声優。ISやシャーロットのイメージが強くて、脱力系の演技をやらせたらピカイチ。ダウナー系ヒーローとは彼の演じるキャラでもあり、中の人本人でもある。

20160904202955282.jpeg2016090420295785f.png20160904202958059.jpeg









★少しは副会長イツキのことも見てあげて欲しかった…リンカ・ワイアット

≪茅野愛衣≫Kayano Ai
通称、かやのん

20160903215213e6d.jpg

◎『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』―――本間芽衣子〈めんま〉(「カッケーんすよ、ピカピカ光るじんたん……カッケーんすよ」君と夏の終わり♪将来の夢、将来の希望…忘れない……あっやべっ目頭熱くなってきた)
◎『神様ドォルズ』―――史場日々乃
◎『神様のメモ帳』―――篠崎彩夏
◎『ギルティクラウン』―――楪いのり、桜満真名(「やればできるかもしれない。でもやらないと絶対にできない」)
◎『ちはやふる』―――大江奏(かなちゃん。呉服屋の“ボインちゃん”)
◎『好きっていいなよ。』―――橘めい
◎『氷菓』―――伊原摩耶花
◎『輪廻のラグランジェ』―――ムギナミ(「かしこまり〜」)
◎『サーバント×サービス』―――山神ルーシー〈略〉(主人公。現代版じゅげむというべき長すぎる名前を受理した役所の人物を探し出すため、公務員となる。)
◎『ご注文はうさぎですか?』―――保登モカ(ココアの姉「お姉さんに任せなさーい!」心愛さんとは、同じ台詞なのにこの違い……)
◎『SHIROBAKO』―――小笠原綸子、茅菜夢衣〈あるぴん役〉
◎『ノーゲーム・ノーライフ』―――白(「にぃ、願望入った」「チェスなんて、ただの〇✕ゲーム」「空白に敗北の)
◎『がっこうぐらし!』―――佐倉慈「佐倉先生と呼びなさい!」まさか呼ばせてもくれないなんて……めぐねぇ……ぶわっっっ「生きている限りみんなを守りたい。私は教師なのだから」生き…て…限r……)
◎『冴えない彼女の育てかた』―――霞ヶ丘詩羽うたは先輩のストッキングすぅはぁしたい……
◎『四月は君の嘘』―――相座凪
◎『城下町のダンデライオン』―――櫻田葵(櫻田王家3男6女の第一子)
◎『この素晴らしい世界に祝福を!』―――ダクネス「行ってくりゅ!」
◎『斉木楠雄のΨ難』―――照橋心美
◎『3月のライオン』―――川本あかり
◎『NEW GAME!』―――遠山りん(コウちゃんの“彼女”)
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――リンカ

まとめ:一言で表すと“まろやか”な声質。あんまりリンカっぽさは、ないかな。まろやかなイメージが買われてか巨乳キャラの配役が意外とある(?)
ただよくよく見るとメンマや君嘘みたいにロリhighテンションもソツなくこなす。
オールマイティというよりは、“おっとりエロお姉さん”と“ガチロリ”に二極化した声優さんと言うべきか。その点リンカは新しい挑戦と言えそう。過去出演作からもヒロイン押しではなく、おっとりポワポワ系キャラに重点的に充てられてきたイメージなので、ヒロインとしてのリンカの演技に注目したい。

201609042029597c3.jpeg20160904203001a78.jpeg20160904203019638.jpeg









★「わたしミスクロマグになっちゃった♡」とか言いながら内心は真っ黒なんでしょ?アーシア・ベネット

≪M・A・O≫Mao
(市道真央さん。声優名義は、まお)

20160903215230e7e.jpg

◎『サムライフラメンコ』―――三澤瑞希(アイドルグループのリーダー)
◎『DD北斗の拳』―――リン
◎『がっこうぐらし!』―――若狭悠里(ほんわかオッパイ部長。“りーさん”)
◎『緋弾のアリアAA』―――火野ライカ
◎『デジモンアドベンチャー.tri』シリーズ―――八神ヒカリ「タケルくんには気をつけてくださいね」
◎『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』―――御聖院杏〈アプリコット〉(生徒会長。あだ名は“マスター”「分かるぞ、シュヴァイン。その名を人前で名乗るのは恥ずかしいだろうな」「訪ねるのが恐ろしくてな…。いいか。深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだぞ」)
◎『わかば*ガール』―――黒川真魚
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――アーシア

まとめ:wiki見たら、なんか銀魂の誕生日祝ってたりする人らしくて…中の人…あっそういう…。綺麗な人なんだけどなぁ…腐じょ……なんでもないです。
それは置いといて、ロートーンの声も出せて、ほんわかした雰囲気のお姉さんポジが多いかも?現在、各所で引っ張りだこの声優さんです。

201609042030210b3.jpeg201609042030222b3.jpeg2016090420302379d.jpeg









★イツキの片思いは「は?」って感じだけど、この娘の片思いは心がキュンキュンしますニコラ・モーガン

≪金元寿子≫Kanemoto Hisako
通称、ひーちゃん

20160903215214cf3.jpg

◎『侵略!イカ娘』―――イカ娘(侵略でゲソ〜の語尾で一世を風靡。「あたしは海からの使者、イカ娘でゲソ!」
◎『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』―――カナタ〈空深彼方〉
◎『ココロコネクト』―――桐山唯(「それより、さっきのあれなんなのよ。なんで女の子の私が、あんな男の痛みを」)
◎『スマイルプリキュア!』―――黄瀬やよい/キュアピース/ ミラクルピース/バッドエンドピース
◎『ぎんぎつね』―――冴木まこと
◎『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』―――テュカ・ルナ・マルソー(エルフの金髪巨乳娘。「お父さん聞いてよ!アイツったら、アイツったらお父さんが死んだって言うの。お父さんが炎龍に殺されたって……」
◎『純潔のマリア』―――マリア(イマイチ知名度ない作品かもだけど、ヒロイン級の配役復帰への皮切りかなと思います「どこにでもいるくせに言葉しかくれない神なんて、いないのと同じだわ!」
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――ニコラ

まとめ:デビュー当時しばらく、イカ娘で大ヒットを飛ばしてから、あまりパッとしないという中堅あるあるパターンかと思いきや、最近また活躍が目立ってきたなという印象。
声のキャライメージはまだ定着していないかも?これからどう人気が出ていくのか期待してる段階。金元さんの明るい元気ボイスは、聴き心地がちょうどいい!変に耳にキンキン来ないのがまた不思議な耳触り(良い意味で)

201609042030259ec.jpeg20160904203052a19.jpeg2016090420305460d.jpeg









★こいつがリンカに想われてんのイラつくんですけど?まじヴォルフ

≪前野智明≫Maeno Tomoaki

20160903215216af5.jpg


◎『図書館戦争』―――堂上篤「アホか貴様!」“怒れるチビ”こと、堂上教官。「あいつが無茶をするたびたまらなくなる」“たまらなくなる”の読み上げにたまらなくなる女性も多そう。)
◎『宙のまにまに』―――大八木朔
◎『ログ・ホライズン』―――直継(ガーディアン)
◎『青春×機関銃』―――松岡正宗(ヒロインをサバゲーに引き込んだ張本人。ホストクラブ勤め)
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――ヴォルフ

まとめ:活動初期の図書館戦争以来、主人公級の抜擢こそ意外に少ないが、コツコツとその演技力の幅を見せつけてきた声優さん。どこか渋みのある漢の声。
20160904203055ac2.jpeg2016090420305703b.jpeg









★可愛い×後輩×飛び級×天才、属性の宝庫だけどカードは単属性シャーリー

≪小倉唯≫Ogura Yui
(ゆいかおりというユニットを組んでアイドル活動中)

20160903215217723.jpg

◎『神様のメモ帳』―――アリス(主人公ーヒロイン)
◎『ロウきゅーぶ!』―――袴田ひなた(一人称ひな「いっしょが、いいから。おー。ひなだけへたくそだと、みんないっしょに楽しくなれない。だから、頑張らないと」
◎『変態王子と笑わない猫。』―――筒隠月子(ヒロイン)
◎『城下町のダンデライオン』―――櫻田光(第七子10歳、生命操作=ゴッドハンド持ち。中の人と同じく、学生のうちにアイドル活動start)
◎『聖剣使いの禁呪詠唱』―――四門摩耶
◎そして我らが『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』―――シャーリー

まとめ:中堅〜ベテラン声優さんの間で、「萌え〜」の対象として祀られているロリっ娘若手声優。ロリきゅーぶ間違えた、ロウきゅーぶでのベテラン声優さんたちとの共演が、彼女が声優界で異彩を放つきっかけとなったのではなかろうか。声もロリロリしてます。うん、なんだろう、ロリロリしてるとしか表現できない。自分の耳でご賞味あれ。
20160904203058422.jpeg2016090420310808c.jpeg20160904203110c0d.jpeg













ひとまず初期メンの主要キャラ6名は以上です。

長くなってきたので、
今回の新イベント追加枠や、アキラ等サブ枠は
引き続き下の、
more…タブで書いていきます。



クリックで下にページが広がるので、よければそちらでダンケル等も見ていって下さい。

(※今日の、このクロマグページだけを開いて来てくれてる人は、勝手に追記記事が開き済みなようです。moreタブは写ってません。多分)










では引き続き。

現代のクロマグシリーズから!





まずは残りの“続々参戦組み”!オマケーズ計11名

アキラ/エミリア/カエデ/ノア/MIU☆MIU/ジョージ
ユキヤ/エマ/ダンケル(老後)/アムベル(老後)/サロメ











★「焼きそば」って呼称がもはや懐かしいアキラ

≪斉藤壮馬≫Saito- So-ma

20160903215231ddb.jpg

◎『怪盗ジョーカー』―――シャドウ・ジョーカー(ライバル怪盗)
◎『残響のテロル』―――ツエルブ / 久見冬二(もう一人の主人公)
◎『六花の勇者』―――アドレット「俺の名前はアドレット・マイア!地上最強の男だ!」
◎『ディバインゲート』―――アオト

まとめ:でたよ自称“地上最強”さん。自信家なイメージが、斉藤さん演じたアドレットとアキラでシンクロして、個人的には良い感じのキャスティング。運営、もしくは声優部門のブースには、やはりアニオタがいると見た!
2016090701360555d.jpeg






★絶対お兄ちゃんと腹違いだよね?エミリア・トドロキ

≪山岡ゆり≫Yamaoka Yuri

201609032152528ea.jpg

◎『SHIROBAKO』―――矢野エリカ(金髪ツインの制作進行。あおい、太郎の先輩。「一度失った信用は、中々元には戻らないって話。積み上げてきた物が崩れるのは一瞬……。『いつまでも、あると思うな他人の信用。』だよ。」)
◎『トライブクルクル』―――音咲カノン(もう一人の主人公)
201609070136074da.png






★カエデ…?そんなやつが実は最初期からいたような、いなかったような。っていう扱いのカエデ

≪降幡愛≫Furihata Ai

20160903215236498.jpg

◎『ラブライブ!サンシャイン!!』―――黒澤ルビィ(社会現象と言ってもいい反響を呼んだ前作に引き続き、シリーズ第2弾。このシリーズの声優に抜擢されるということは、すなわち歌唱力が評価されているということ!)
20160907013608bfa.png






★投票券の水着で一気に垢抜けたね、でも野暮ったい後輩感も好きだったよノア・アームストロング

≪小澤亜李≫Ozawa Ari

20160903215233cc3.jpg

◎『月刊少女野崎くん』―――佐倉千代(ヒロイン)
◎『がっこうぐらし!』―――恵飛須沢胡桃「もしあたしが感染したら、迷わないでほしい。約束してくれ。」
◎『小森さんは断れない!』―――西鳥めぐみ
◎『モンスター娘のいる日常』―――パピ(ハーピーの少女)
◎『わかば*ガール』―――小橋若葉(主人公)
◎『この美術部には問題がある!』―――宇佐美みずき(主人公の一人)
◎『ステラのまほう』―――関あやめ

まとめ:今回、追記記事としてまとめたサブキャラ11名の中では、特に際立って活躍してる声優さん。どう見てもこの11人の声優さんの中だと異様に目立ちます…何か予定があるのか…?ノア専用イベ的な。いや、うーん、勘ぐりすぎか…?
いやいやどう考えても違和感。新シリーズって意味ならユキヤ&エマも同じレベルの知名度で揃えないと変だし……
さて運営のサイコロの目はどう出るか。今後に注目。(ごめんなさい、声優紹介より全然ノアの将来の方が気になってしまった(笑)
例えば今回“過去”で「ゼロ」ときたからには、次は“未来”で「クロマグ∞[インフィニティ]」とかね。

20160907013609ea2.png201609070136104de.jpeg







★みんなのアイドル!MIU☆MIUだよ!(※ミユキです)

≪長縄まりあ≫Naganawa Maria

20160903215251f56.jpg

◎『小森さんは断れない!』―――根岸まさ子
◎『ステラのまほう』―――本田珠輝(主人公。通称たまちゃん)






★ジョージ?誰それあぁ番長(仮)のことね

≪間宮康弘≫Mamiya Yasuhiro

20160903215254983.jpg

ごめんなさい、略。
脇役歴長し。今後の一層のご活躍を祈っています。
(出演数は結構あるんだけど…うーん目立ったものが…)






★ユキヤ、とかいう適当な追加枠

≪白井悠介≫Shirai Yu-suke

20160903215308010.jpg

◎『ガンバレー部NEXT!』―――柳田将洋
◎『美男高校地球防衛部LOVE!』―――鳴子硫黄






★エマ、とかいう明らかな釣り餌

≪北原知奈≫Kitahara China

2016090321531035d.jpg

ごめんなさい、略。
完全にこれからの人。






★ダンケル(老後)

≪乃村 健次≫Nomura Kennji

20160903215257c03.jpg

◎『グラップラー刃牙』―――範馬勇次郎(刃牙の父親)
◎『Re:ゼロから始める異世界生活』―――リカード・ウェルキン「クジラ退治の後半ワイはあんましやったけど、心配せんでくれや。ちゃんとお嬢に頼まれとるからなぁ。この後本命の方で活躍したるわぁ」

ごめんなさい、略。
脇役中心に息長く活動されてる方(?)。お仕事は結構ありそう。
201609070136301a1.png






★アムベル(老後)

≪加藤 美佐≫Kato- Misa

20160903215311ac1.jpg

ごめんなさい、略。
これからの人。






★サロメおば…先生…………

≪今瀬未知≫Imase Michi

20160903215255cb8.jpg

ごめんなさい、略。
現在モブ役邁進中。はがない・俺妹・とらぶるあたりで。












既存クロマグのキャラCV紹介は以上です。

主要メンバー6名+サブメンバー11名!

総勢17キャラの大所帯でしたが、
お付き合いくださりありがとうございます。



続いて、
いよいよ今回から開催の新イベント「クロムマグナ ゼロ」の声優さん紹介と行きたいんですが、
ちと写真数がかさみ過ぎるので、

新キャラたちのキャスティングはまた次回の日記で!ってことで。

バァーイ!




関連記事
スポンサーサイト

↑↑↑魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ

theme : 魔法使いと黒猫のウィズ
genre : ゲーム

tag : 黒ウィズ クロマグ 声優 クロム・マグナ魔道学園 魔法使いと黒猫のウィズ

よければランキングに、ポチッとご協力を!→→→
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

アムベルはロリババアちゃうやろ
本当に本編やってんのか

Re: タイトルなし

> アムベルはロリババアちゃうやろ
> 本当に本編やってんのか


コメありがとうございます。
おっしゃる通りですね。(なんでいきなり喧嘩腰なの…とは思うが…。アムベル大好きさんなのかな…?)


まず、断っておきます。ネタバレに繋がったらごめんなさいなので、嫌な人は、これ以降読まないで下さい。

本来の「ロリババァ」ジャンルの定義からすると、
単純に“若い”というだけで、今回のアムベルは「ロリババァ」にあてはまりませんね、そこはおっしゃる通りです。
むしろその可能性が出てきたといえば、今回はエマがまさにそうだったと思います。
一体何者なのでしょうね、彼女。

ただ、私はアムベル=ロリババァだなんて一度も書いてないですよ。
たしかに誤解を生みそうな表現だったので、そこは謝罪します。すみませんでした。
(作文能力の低さを常々痛感しています……どうにかなんないかね…。それを鍛えるための電子日記でもあるんだけどね……)

あくまで、アムベルがロリババァに“通ずる”なにかを感じさせるものだったと書いています。
その“何か”が、ロリババァジャンルとも似て非なる新しいフェチジャンルのように思えて、
それが“新しい風”だと表現しました。

私たちプレーヤーの中では、ダンケルもアムベルも歳取ってからのイメージしかなかったのが、
今回のイベントによって急に若い頃のイメージが流れ混んできました。
それが、とてつもない違和感を呼び起こし、新たなフェチジャンルへと昇華されたのだと私は考えています。


こんな感じで答えになっているでしょうか?意図した内容が伝わりましたでしょうか?
誤解が解けていれば幸いです。
line

FC2Ad

line
プロフィール

たちゅまる

Author:たちゅまる
サービス終了まで楽しみ尽くしてやるって誓ったッ!

京都で大学生ナウ

☆好きなもの↓
映画とSCANDALと、大きく差をつけられてウィズ
最近ウィズ内でSCANDALのクイズ見かけるとテンション↑↑

★嫌いなもの↓
リティカスと呼ぶ人

ゲーム内プレーヤー名も同じくたちゅまる
多分コロプラディスリがちょくちょく入ります(笑)
ちな、黒ウィズ廃課金勢です。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。